フラワー電報を送る

フラワー電報は現在広く知れ渡るようになりましたが、まだまだ電報というと押し花電報をイメージする人も多いのではないでしょうか。実は押し花電報とは別に、NTTによるフラワー電報とその他の業者によるフラワーメッセージがあります。NTTで行っているフラワー電報は生花をカタログから選び、そこに電報が添えられたものです。申し込みも朝8時から正午までのものは当日お届けができます。例えば夕方のお通夜などの場合、正午までに申し込めば届くわけです。正午~17時までの申し込みであれば、翌日お届け。17時~19時の申し込みなら翌日午後以降のお届けとなります。

しかし他の業者によるフラワーメッセージの場合は、電報と言っても生花にメッセージをプラスしたものとなります。ただし業者によって数日前の予約が必要な場合と、NTTのフラワー電報とほとんど変わらないスピードでのお届けが可能なところなどさまざまです。お悔やみや結婚式などでは、まだまだ日本ではメッセージというより電報を送ることが多く、そういう意味ではNTTのフラワー電報を利用する人も多いようです。しかし現在はいろいろな業者がフラワー電報を扱っており、利用者はたくさんの業者の中から選ぶことができるようになりました。

例えばお祝い事は前もって日時が分かっていることがほとんどですが、お悔やみの場合は急なことが多くなります。また以前であれば、お悔やみのときには電報と花業者と別々に連絡していた人も多いはず。しかしNTTでのフラワー電報であれば、電報と花輪やスタンドフラワーなどを一緒に申し込むことができるので便利です。花の種類はネットなどでチェックできます。

Pocket